・今年こそツルツル!脱毛エステで夏に間に合わせよう!

 

寒い冬はあまり気にならないムダ毛。でも、春になってだんだんと薄着になってくると、肌を見せることが多くなり、夏までに脱毛したいな、と感じる人も少なくないかと思います。
では、ムダ毛のない、ツルツル肌で夏を迎えるためには、いつから脱毛をスタートすればよいのでしょうか。

 

脱毛にかかる回数と期間

 

脱毛は、1回施術を受ければそれで終わりではありません。なぜなら、毛には毛周期があるからです。
ムダ毛って、同じ毛が生えてきているイメージがありますよね?
しかし、実は毛は抜け落ちたり生え変わったりして同じ量を保っているのです。

 

毛には、それぞれ周期があり、毛が生えていく期間を「成長期」、抜け落ちる準備をする期間を「退行期」、抜け落ちて次の毛が生えてくる準備をしている期間を「休止期」と言います。
脱毛の効果を正しく得るためには、「成長期」の毛にアタックする必要があります。
いくら退行期や休止期の毛に施術を行っても全く意味がないのです。

 

施術箇所や個人差はありますが、毛のサイクル(毛周期)は2〜3ヵ月と言われています。
そのため、その期間をおいて、だいたい4〜6回は行う必要があるのです。

 

周期を長めに換算しても、3ヶ月に1度の処理で、4回だと12ヵ月。6回だと、18ヵ月もかかるのです。
つまり、前の年の春や秋くらいから始めると、次の年の夏には完璧に綺麗になっている状態となります。

 

今からじゃ、もう間に合わない?

 

えーー?もう今からだと間に合わない!と思った方もきっといらっしゃるかと思いますが、あくまで「完璧に綺麗になる」までには期間が必要だということです。

 

最初は毛がたくさんあるため、光の反応も大きく、一気に毛が減った印象を持つ人が多くいます。
しかしそのあとはだんだんと薄くなり、毛が減っていく感じです。
最終的には細いうぶ毛のようになってきますので、実際そのまま何も処理しなくてもほとんど目立ちません。
しかし、完璧に綺麗にするのであれば、さらに回数が必要だということです。

 

そのため、もさもさ状態の毛を自己処理して黒ずみが目立つ肌より、1回でも施術をして量を減らした状態の方が、じつはずっと肌は綺麗に見えます。

 

しかも、光の照射は肌をキレイにする効果も期待できるので、一石二鳥なのです。
まずは考えているだけでは、進みませんので、時期も大切ではありますが、一度施術を受けてみることが重要です。

 

ちょっと待って!脱毛できない条件とは?

 

脱毛してみようかな、と思っても、施術が受けられない場合もあります。
あくまで「健康な人が健康な肌状態」である場合に施術が可能ですので、処理が難しい場合もあるのです。

 

それでは、処理の難しい場合の例を挙げてみたいと思います。

 

・病院に通っている、薬を飲んでいる
・妊娠中、授乳中
・生理中(サロンによってデリケートゾーン以外は受けられる場合もあります)
・12時間以内にお酒を飲んだ
・予防接種の前後10日間である
・肌トラブルがある
・持病がある
・日焼けしている

 

脱毛エステを行うサロンによっても多少の条件の差はありますが、上の条件に当てはまる人は基本的に施術を受けられない可能性が高くなるようです。

 

また、照射部に傷やタトゥーがある場合は、その箇所は処理を行えません。
まずは自分自身が施術を受けられる状態か、脱毛エステに行く前に、病院などに確認する必要はないか確かめてからサロンに足を運びましょうね。