・ムダ毛の自己処理、大丈夫?意外に怖い自己流のトラブル!

 

脱毛エステって、高いイメージがあるし、夏以外はそんなにお肌を露出することもないから、ムダ毛の自己処理をされている方って多いのではないでしょうか?

 

もしかしたら、あなたも、自己処理で十分だと思っているかもしれませんが、じつは自己流の脱毛を長く続けることは、お肌にもリスクがあるのです。
カミソリや、毛抜きでの自己処理をずっと続けていると、お肌にどんなことが起こるのでしょうか。

 

こわい!自己処理のトラブル(毛抜き編)

 

ここでは、実際に自己処理で起こったトラブルをご紹介いたします。

 

例えば、毛穴のブツブツ。
毛抜きで、ムダ毛を抜くことを続けていると、毛穴がポツポツと盛り上がってきて、さらに色素沈着や黒ずみを起こしたりも…。
女性の皆さんなら、カミソリや毛抜きのムダ毛処理が肌や毛穴にダメージを与える、ということはなんとなくわかりますよね。

 

ムダ毛を毛根から無理矢理引っこ抜く行為ですから、もちろん毛穴は開き周りの皮膚は盛り上がります。
繰り返すことで皮膚が戻らなくなりブツブツとした鳥肌状態になるのです。
特にワキやひざなど肌の収縮性が弱いところは戻るのに時間がかかります。

 

そして、毛抜きで無理に抜くことで、毛が太くなったりすることも!
結果的に、太い毛が増えてしまうことで、目立つし、さらに手間が増えるかもしれません。

 

こわい!自己処理のトラブル(カミソリ編)

 

カミソリでムダ毛を剃るのは、一番簡単で、ムダ毛の自己処理の中でも、一番多い方法ですが、実はムダ毛だけではなく肌のバリア機能として欠かせない角質まで一緒に削いでいます。
お風呂に入ったついでにムダ毛処理ができるカミソリは、何と言ってもササッと剃れて楽で簡単!

 

でも、剃るのって表面に生えているムダ毛をカットするだけ。
だから次の日には、すでにチクチクとした毛が顔を出している、なんてことが日常茶飯事です。
お肌はカミソリを頻繁に当てられることで悲鳴をあげているのです。

 

カミソリは、ムダ毛を剃るだけでなくお肌の大事な表皮も一緒に削がれてしまいます。
また、なぜかムダ毛が皮膚の中に埋まっていつになっても顔を出さない、なんて状態になってはいませんか?
これは埋没毛と呼び、カミソリはじめ毛抜きなどの自己処理で出来てしまう厄介な問題なのです。

 

また、敏感肌の方は、シェービング用のジェルやフォームでヒリヒリ赤くなってしまったりすることも。
せっかく肌が出せる!と思ったのに、赤くトラブルの出ているお肌では陽に当たるのも怖いし、自信をなくしてしまいそうですよね。

 

自己処理を続けると、どうなるの?

 

ムダ毛の自己処理は、黒ずみや肌荒れ、炎症といったリスクが高く、肌が比較的健康な方でも、自己処理後に様々な症状や違和感に不快感を抱くもの。
ムダ毛処理をずっと自己流で、毛抜きで抜いたり、カミソリで剃るのは、お肌を傷つけていることには、変わりません。

 

そしてもちろん、永久脱毛ではないので、その処理は、ずーっと続くことになります。
わざわざワキを誰かに見せることがなかったとしても、ツルツルではないお肌は気になるし、ノースリーブやキャミソール、水着を着ることに抵抗がでてきますよね。

 

そんなふうに、あとになって後悔しないためにも、やはり脱毛エステで、丁寧なケアをしながら、もうムダ毛の心配もなく日常生活を送れたら、ムダ毛の処理ににかける時間を他のことに使えますよね。
実際に、脱毛エステを体験すると、なんて肌に負担をかけていたのだろう!とか、もっと早くやっておけばよかった!なんて声を聞くことも多いのです。

 

肌を傷めずに、脱毛エステに通うたびにお肌がきれいになっていくのを見ていると、ファッションを楽しもう!なんて、余裕も出てきますよね。
きっと、あなたも、脱毛エステの優れた点に感動すると思いますよ。