脱毛サロンvs毛抜き

脱毛サロンと、毛抜きでの脱毛。同じなのは、“脱毛”という言葉だけ。その方法も効果も仕上がりも全く異なります。また毛抜きでの脱毛はとても簡単。ですが、もしかしたらその簡単さを上回るほど、避けた方がいい方法かもしれません。

 

エステや脱毛サロンでの脱毛方法は、主に“光脱毛”と呼ばれる方法で行われます。お肌に光を照射して、毛根のメラニンに働きかけます。すると、2週間〜数週間の後にムダ毛は自然に抜け落ちます。これを何回か繰り返すとムダ毛が薄くなっていく。これがが光脱毛のステップとなります。毛抜きでの脱毛は、物理的にムダ毛を引き抜くだけ。だんだんとムダ毛が薄くなることはありません。

 

毛抜きでの脱毛、カミソリでのシェービングに比べ、毛根から毛を引き抜いてしまうわけですから、また生えてくるまでの時間は長くなります。でも、毛抜きでムダ毛を抜いてしまうことにはついては、リスクのほうが多いとされているのです。まずは、毛を1本1本引き抜くわけですから、痛みは確実に伴います。また、時間もかかります。そして、抜いた後の肌の状態が、まるで鳥皮のように赤くぶつぶつとした状態になってしまうこともあります。毛を抜いた後の毛穴に細菌などが入ってしまい、炎症を起こしたり化膿を引き起こすことも。また、毛を抜く際に途中でちぎれてしまうことも多く、肌の下で毛が育ち続け、埋没毛という状態となってしまうことも。サロンに通って脱毛することに比べ、もちろんコストはかかりませんが、それ以上に失うものが多いのが毛抜きでの脱毛。もしそれでも毛抜きを使用したい場合は、脱毛前後の十分なケアは必須であること、それでも、毛抜きでのムダ毛自己処理には限界があるのだということを覚悟しておいた方がいいでしょう。

 

それに対して光脱毛の場合、処理の肌の美しい仕上がりと、徐々にムダ毛が薄くなっていくことが期待できます。光を肌に照射するわけですから、ある程度の刺激は避けることができません。しかし、その痛みの程度はゴムではじく程度だとされ、耐えなければならない痛みではないとされているのが一般的です。脱毛施術の前には肌の保護のためにジェルを塗布することが多くみられますが、最近はジェル不要の脱毛マシンも登場しています。施術前のジェルや、アフタートリートメントで使用されるジェルなどのスキンケアアイテムにはヒアルロン酸などの美容成分が含まれており、仕上がり後はムダ毛への効果だけではなく、肌自体がキレイになるという効果もあるようです。

 

全てにおいて異なる、脱毛サロンと毛抜きでの脱毛。キレイになるための脱毛が逆の結果とならないように、安易な自己処理は避けたほうが良いでしょう。